●はじめに

ここでは「絵を描く」ということの大まかな基礎知識をお伝えしています。

どうすれば立体的に見えるのか、水彩画独特の描き方、どうすれば上手になるか、

はじめに など。ご挨拶も兼ねて、「なるほどー!」なお話が盛りだくさんです。

・水彩画の特徴と表現方法について

・絵を上手に描くための基本知識とは?

・知っているだけで立体的に描ける、絵の表現方法を学ぶ

・リンゴで理解する、立体的にモチーフを描くときのポイント

・水彩画の技法について(色の使い方など)


●第1章 水彩画の道具について・・・使う道具やお勧めの道具を解説

水彩画というと「小学校の頃の絵の具?」と思われる方もいらっしゃいます。

ここで使う絵の具は「透明水彩」という絵の具です。固まっても何度でも水で溶いて使えるのが特徴で

先生は3年間出しっぱなしだとか!?一度買っておくと楽ちんな絵の具になっています。

第1章 水彩画の道具について・・・使う道具やお勧めの道具を解説


・水彩画を描くために必要な道具とは?

・初めてだからこそ知っておいて欲しい筆の選び方

・絵の具・パレットはどんなものを使えばいいのか?

・水彩画を描くのに適した用紙の選び方

・絵を描きやすい道具の配置とは?

・屋外で絵を描くときにあると便利な道具

●第2章 チューリップの色塗り・・・筆の使い方、影の作り方を学ぼう

さっそく色塗りスタートです。同じピンクでも細かい色の違いによって立体感を

出していきます。

先生はどんな手順で、どんな色を使っていくのか。塗り始めから完成までノーカットで

バッチリ 第2章 チューリップの色塗り・・・筆の使い方、影の作り方を学ぼう ご覧いただけます。


・基本的な筆づかい、色塗り方法について学ぶ

・モチーフの明暗を色で塗り分けて立体感を出す

・花の鮮やかさを表現するコツを学ぶ

・茎や葉の表面の質感を筆づかいによって表現する

・花と茎の境目を自然に表現するには?

●第3章 田舎の風景の色塗り・・・空の塗り方、遠近の付け方を学ぼう

人気のお題「風景画」にチャレンジです。空の塗り方、近くのものと遠くのものを上手に描く方法などなど、 プロならではの解説を、ノーカットでご覧いただけます。


第3章 田舎の風景の色塗り・・・空の塗り方、遠近の付け方を学ぼう ・雲がある空に色を塗るコツを学ぶ

・色作りを工夫して遠くにある山を表現する

・中間にある山を表現する方法とは?

・近くにある山の木々の様子を表現する方法を学ぶ

・田んぼの稲が生える様子をカンタンに表現するには?

・色づかいによって田んぼが何枚もあるように見せる

 表現方法とは?

・遠くにある家並みを表現して風景画に奥行きを出す。

・同系色を上手に塗り分けて、鮮やかな風景画を完成させる

●第4章 海辺の風景の色塗り・・・水を表現する方法を学ぼう

描くのが難しいと言われる「水辺の絵」を学んでいきます。

一見、同じような色味の空と海ですが

よくよく見ていくと全く違うんですね。これもノーカットで見られます。

色を塗る時にどこに着目するのか?とても勉強になる内容です。

第4章 海辺の風景の色塗り・・・水を表現する方法を学ぼう





・雲のない空をワンランク上の絵に見せる塗り方とは?

・塗り方に変化をつけて遠くに広がる海の様子を表現する。

・カンタンに砂浜らしく見える表現方法とは?

・光の方向を意識して、ワンランク上の風景画を描く。

・ゴツゴツとした岩肌を上手く表現する筆づかいを学ぶ。

・白い橋を水彩画で描く驚きのテクニックとは?

・これだけでバッチリ水辺を表現できる!たった1つのポイントとは?

●第5章 イヌの色塗り・・・生き物を描くポイントを学ぼう

家族の一員であるワンちゃん、ネコちゃんを描きたい、というご要望にお応えして。

動物を活き活きと描く方法をお伝えします。

特に「毛並み」「目」というのはポイントになります。

ノーカットで先生が完成するまでをご覧いただけますので、毛並み一本一本まで描ききる楽しさをぜひ味わってみてください。 第5章 イヌの色塗り・・・生き物を描くポイントを学ぼう


・白い毛の部分には〇〇色を塗って、毛並の感じを表現する

・毛の色が変わる境目を水彩画のテクニックを使って

 カンタンに表現する

・たった3つのポイントを意識するだけ!

・イヌを生き生きと描くコツとは?

・上手く筆を使い分けて顔の細かい部分や毛並を塗るコツを学ぶ。

●水彩画の塗り方のポイントとまとめ

水彩画の塗り方のポイントとまとめ あまりにも盛り沢山なので、最初の頃の話を

忘れてしまうことも・・・(笑)

でもご安心ください。

それぞれの「お題」の描き方を最後にもう一度、

おさらいしておきます。

「そうそう、そうだった」と思いながら、先生と一緒に復習しましょう。



>>>【水彩画3弾セットn】「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」3弾セット