行政書士試験短期合格術

この教材パッケージの内容について一部説明すると、

1.短期合格のための勉強法解説


動画セミナー:70分

テキスト解説:50ページこの動画セミナーとテキストでは、行政書士試験に短期合格するための勉強法について解説しています。

動画セミナーとテキストを使い、市販されている基本書と過去問集各1冊を使って最短距離で行政書士試験に合格するための効率的な勉強法をお教えします。


この動画セミナーとテキストで、あなたは短期合格のための地図を得ることになります。


>>>行政書士試験短期合格術




その主な内容は、


3度の飯より勉強を自ずとしたくなる、あなたを自然と机へ向かわせるモチベーション向上テクニックとは!?


あなたは、友人からの飲み会の誘いを断って勉強することができますか?

面白そうなTV番組をスルーして勉強できるでしょうか?

これら誘惑に自然と打ち勝つようになれるある科学的手法をお教えします。


たった1万円ポッキリで行政書士試験に合格するための教材戦略とは!?


行政書士試験は、まだまだ市販の格安教材で合格することのできる資格試験です。

そこで、低予算で行政書士試験に合格するためのオススメ教材をお教えします。


何時間勉強しても成果が出ない人が陥っている間違った勉強法とは!?


資格試験に短期合格する秘訣は、勉強時間の多い少ないではありません。

あるポイントにフォーカスする必要があるのです。

そこで、「行政書士試験」に合格するために最低限必要となる日々の勉強におけるポイントをお教えします。


科目別効率的勉強法とは!?


新試験制度移行後の行政書士試験は、科目ごとに勉強法が異なります。

ある科目に至っては「勉強する必要がない」いわゆる「捨て科目」もあります。

あなたが最短距離で行政書士試験に合格するための、科目別効率的勉強法をお教えいたします。


苦労している受験生を横目に、ライバルに圧倒的な差をつける民法論述問題を得意にする秘策とは!?


法科大学院生などを除く、法律初学者の受験生のほとんどは民法の論述問題を苦手としています。

そこで、たとえ法律初学者でも法科大学院生に対抗できる記述問題攻略のポイントをお教えいたします。


過去問で見る民法論述問題攻略テクニックとは!?


過去問をよく見ると、記述問題はある一定のパターンで出題されているのです。

パターンを分析して分かった、民法論述問題攻略テクニックをお教えいたします。


たった一日の対策で一般知識等問題であしきりに合わなくなるある戦略とは!?


いくら法令科目で合格点を取ったところで一般知識問題であしきりにあったのではなんにもなりません。

そこで、一般知識問題でとにかくあしきりに合わないための戦略をお教えいたします。


政治・経済・社会で点数を積み増し、法令科目の弱点をカバーするために読むべき「ある本」とは!?


一般知識等問題における政治・経済・社会で1問でも多くの正解をえることができれば、圧倒的優位に立つことができます。

しかし、政治・経済・社会は範囲が広く、勉強しにくい科目です。

そんな政治・経済・社会を攻略するための方法をお教えいたします。


たった3ヶ月で合格レベルに達するための勉強スケジュールとは!?


3ヶ月で合格なんて無理!

と思うあなたもこのスケジュールを知れば、3ヶ月で合格レベルに到達することは難しくないことがおわかりになるかと思います。

70日で合格したスーパー行政書士直伝の3ヶ月学習スケジューリング術をお教えします。


試験一ヶ月前に必ず行なうべきある勉強テクニックとは!?


試験直前ただ単に過去問を繰り返していても、近年の行政書士試験には合格できません。

あなたの合格を盤石なものとする試験直前期の勉強方法をお教えいたします。


1日に最低必要な勉強時間、科目別の勉強時間配分とは!?


ただ闇雲に長い時間を勉強しても効率は上がりません。

そこで、効率的に勉強するための1日に最低限必要な勉強時間と、科目ごとの勉強時間をお教えいたします。


平日勉強時間をとれない人のためのある工夫とは!?


平日仕事が忙しく勉強時間がとれないという人のための秘策をお教えいたします。

ちなみに、「隙間時間を利用して」などという勉強法ではありません。


勉強を初めてすぐに集中力を高める方法とは!?


2,3時間勉強して初めて集中力が出てくる人は多くいますが、そんな人でも勉強開始後1秒で集中力が急上昇する秘策をお教えいたします。


法令科目を効果的に暗記するための記憶術とは!?


法令科目を短期間に効率よく記憶するためには、ある技術が効果的です。

あなたの記憶力を高めるための方法をお教えいたします。


記憶力を高めるための「ある無料サイト」の使い方とは!?


記憶力をアップさせるために私はある無料サイトを使っています。

このサイトを使うと、記憶力のみならずあなたのビジネス力もUPします。

その無料サイトの使い方を動画で詳しくお教えいたします。





(参考画像ですので上のボタンをクリックしても再生はしません)

(画像は一部モザイク処理をしています)

2.難関民法を3ヶ月で攻略する!

【民法虎の巻テキスト】



テキスト:130ページこれは、民法の論述問題に対応でき、かつ択一式問題にも対処できるように私が特別編集した行政書士試験専用の民法テキストです。

新試験制度移行後の行政書士試験最大の難関、民法記述問題において短時間で合格レベルに達するために特別に編集しました。



>>>行政書士試験短期合格術




市販のテキストにない、あるポイントにフォーカスした内容となっています。




僅か130ページとコンパクトにまとめたテキストですので、

1日で読み込むこともできます。




1回目:通読

2回目:あるポイントを意識して読み込む

3回目:テキストのある部分を暗記する




これを数回繰り返すことによって、あなたは民法の記述式問題に恐れることはなくなります。

この民法虎の巻をあなたにお送りいたします。



<テキストサンプル>

下のある部分を暗記すれば記述問題で合格点をとれます。


3.一日で足切りをクリア!

【一般知識問題攻略テキスト】



テキスト:54ページ一般知識等問題であしきりに合わないための対策テキストです。

これを一読すれば、一般知識等問題においてあしきりにあわないためのテクニックを身につけることができるようになります。こちらも民法同様、1日で1回転できるように編集した特別のテキストです。このテキストで、あなたはたった1日の勉強で一般知識における恐怖のあしきりラインから逃れることができるようになります。




(画像は一部モザイク処理をしています)


私は、この教材の価値は、最低でも10万円の価値はあると考えています。


大手予備校の行政書士講座を受講すれば15万円〜30万円程度はかかります。

たとえ独学系の安い通信教育を選択したとしても5万円以上はします。

しかも、それらの講座では、肝心の勉強法は教えてくれません。


また、運悪く合格できなければ翌年さらに上級の講座を受講しなければなりません。


その他にも、あなたは機会損失を考えなければなりません。

機会損失というのは、もしあなたが勉強していなかったら得られたであろう経済的損失をいいます。


勉強時間を仕事に使っていたら・・・

勉強時間を彼女とのデートに使っていたら・・・

勉強時間を子供と遊ぶのに使っていたら・・・


行政書士短期合格術を使えば、これらの機会損失はたった3ヶ月分に抑えることができるのです。


市販の基本書+過去問+当マニュアル併せて、最低でも独学系の安い通信講座以上の価値はあると思います。


以上のことを考えると、このマニュアルには十分な価値があると思うので、価格を29,800円とさせていただきました。


基本書+過去問集+当マニュアル併せて4万円以下で行政書士に短期合格できるのですから妥当な金額だと思います。


しかし、私はこのマニュアルを使った人全員が合格することを目標にしています。


そこで、本気で行政書士になりたい!、次の本試験1発で行政書士試験に合格したい!

と思っているであろう、熱意のある人には特別価格で提供することに致しました。


29,800円 → 19,300円


累計1000部突破価格記念「6,980円」でお譲りすることにします。


あなたに、


●短期合格のための勉強法テキスト+動画セミナー

●行政書士向け民法虎の巻テキスト

●一般知識攻略テクニックテキスト


これらの教材をお送りいたします。


私の勉強法に従い1日2時間程度このマニュアルどおりに勉強して下さい。


3ヶ月後には、あなたはコンスタントに合格ライン(180点)を突破できる、合格レベルの実力を身に付けていることでしょう。




>>>行政書士試験短期合格術