覚えておきたい愛犬のしつけ15選!

 





あなたの家族の一員である愛犬を

上手にしつけるための方法をお教えします!




2016年12月22日

愛犬と共に楽しい人生を歩んでいきたいと思っているあなたへ




犬の飼い主として、あなたのフラストレーションは増すばかりです。


あなたの言う事や命令に犬が全く従ってくれないのです。


どんなに優しくおだててみても、効果がありません。




どんな犬でも、問題行動はつきものです。


そしてどんな種類の犬であっても、

その振る舞いをやめさせようとすれば誰しも壁にぶち当たります。


断固とした態度を取らなくてはいけない時もあるでしょう。


犬があなたの言うことに従うか、あるいはあなたに捨てられるか

―もちろん、愛犬家のあなたなら、後者は望まないはずです。




犬は依然として、そしてこれからも、人間の最上の友達です。


でも、犬もそのように振る舞わなくてはなりません。


日に日に悪い行動がエスカレートするようでは、あなたの愛情も報われません。


解決策を求めるあなたとしても、

犬を180度転向するようなトレーニング法を習得する必要があるでしょう。




犬が問題行動をするのには、いくつか理由があります:


●飼い主と離れることに慣れていない。


●飼い主とのコミュニケーションが取れていない。


●犬が従うべき命令を飼い主がきちんと教えていない。


●問題行動に対する飼い主の行動が一貫していない。


●飼い主とそれ以外の人でトレーニング方法が異なっている。




解決策は、ここにあります!




本書「覚えておきたい愛犬のしつけ15選!」があれば、飼い主として、

犬にするべきことを今まで以上にできるようになる可能性は大きいです。


犬は、飼い主に従順になること、そして理にかなったことであれば

飼い主の言うことをきくことを学ばなくてはなりません。


あなたが飼い主であり、尊敬することを理解しなくてはなりません。


従うことが当たり前なのだと、理解しなくてはなりません。




まだ子犬のうちからトレーニングを始めましょう。


その方が簡単でもあります。


先延ばしにすればそれだけ、しつけるのが難しくなっていきます。


犬は子供に似ていて、するべきことをきちんと教えてあげる必要があるのです。


良くないことをしたら、それを直し、正しい方向に導いてあげなくてはなりません。




犬とコミュニケーションを取って、

許容される振る舞いとそうでない振る舞いを伝えなくてはなりません。


常にあなたが犬より上に立っていることを知らせなくてはなりません。


一貫した態度を取り、あなたが本気であることを伝えなくてはなりません。




本書、「覚えておきたい愛犬のしつけ15選!」では

こんな事が分かります・・・






●問題行動をやめさせるのが大切な理由


●子犬のうちに噛みつくのをやめさせるべき理由


●くんくん鳴く、遠吠えする、わんわん吠える行為にどう対処するか?


●噛んでぼろぼろにする問題にどう対処するか?


●人に飛びかかる問題にどう対処するか?


さらにたくさんの事が分かります!



>>>覚えておきたい愛犬のしつけ15選!