あなたの未来をつくる教材

学習・自己啓発

ハウツー系 勉強方法 向上 就職活動 自己啓発

公務員面接試験対策

投稿日:

失敗している人たちに共通しているものは何か?
ズバリ「無計画な面接」 です。
つまり「面接官からの質問に対して無責任でその場しのぎの受け答え」になっているということです。
面接を受けることが、どういうことなのかを理解できていないのです。

「志望動機を聞かれたらこれを答えよう。自己PRを聞かれたらこれを答えれば大丈夫!」
この程度の準備で面接試験に臨む受験生があまりにも多いのです。
非常に無計画な面接試験の受け方といってもいいでしょう。このような状態では、いずれボロが出て、
面接官に「さっきの回答と矛盾するけど?」 と追い詰められるか、
適当なことを言う不誠実な受験生だ、というレッテルを貼られて不合格の評価 をされる確率が高くなります。

面接官からは何が評価されるのか?
マイナス評価にならないためにはどうしたらいいか?

この教材でわかります。

・面接試験で合格する人と落ちる人の違い

それは「知っているか、知らないか」の違いだけです。
たったこれだけのことです。ほんの僅かな違いなのですが結果は大きな違いとなって現れます。
面接を受ける意味や、面接の本質について理解しているかどうか?
たったこれだけです。

公務員試験で合格した人たちは、それまでの人生経験、社会経験の中から
面接試験の本質や、面接官から好印象を得られるテクニックを身につけてきました。
だから、合格する人たちはいくつもの自治体から内定を手に入れることができるのです。
この教材を手にすれば、そのテクニックがあなたのものになります。

・面接試験をクリアする3つのステップ

ステップ1
面接試験に合格するためには、 まず自分にはどのような能力があるかを知る必要があります。
面接が苦手な人のほとんどが、単に話し方が上手になればいいと勘違いしています。
面接を受けるに当たっての準備ができていなければ、不合格になってしまいます。
まずは、面接に合格するために、自分の中にあるアピールできる素材を確認する ところからはじめましょう。
面接が苦手な人の半数は、この自己分析方法を行うだけで苦手な面接を克服することが出来ます。

ステップ2
面接試験では面接官は、あなたを採用して、職場で活躍できるかどうか、役所に入ってから職場に馴染めるかを見ています。
そのためには志望先を知り、具体的にどのように活躍できるかを説明して、面接官の心を掴むアピールをしなければなりません。
面接試験で落ちてしまう人の多くは、
県庁の面接試験でも、市役所の面接試験でも、村役場の面接試験でも、
受験先や面接官に関係なく、自分の優れた点ばかりをアピールしてしまいます。
合格できない人は、相手のことを考えず、
自分のことを押し売りしてばかりだから、不合格のままなのです。
志望先を分析し、面接官の○○を知り、心を掴むための方法は、
簡単で精度の高い分析方法がありますので、
正しい対策方法で実践すれば、合格に近づくことになります。

ステップ3
ここで、はじめて、模擬面接に取り掛かるのです。
ですから、模擬面接をする前に、
まずは、第一ステップの自己分析をして
自分のどんなところが強みなのかをしっかりと分析してみてください。
つぎに、志望先の自治体をしっかりと調査・分析してみてください。
相手のニーズをつかむことができると思います。

面接対策は、
「1.自己分析」と「2.志望先分析」 の 2つを重視しています。
この2つが出来ていれば、あとはそれを使って、面接での高評価をもらえる答えを導くだけです。

対策方法を実践した人は、
自分の強みがわかっていて、志望先のニーズがわかっているため 、
面接試験での評価が高くなり、合格するのです。

以上の3つのステップ の通りに面接対策を実践するだけで、
あなたも公務員面接試験を軽々とクリアできる面接力が自然と身につきます。

公務員面接試験一発合格講座

-ハウツー系, 勉強方法, 向上, 就職活動, 自己啓発
-, , ,

Copyright© 学習・自己啓発 , 2018 All Rights Reserved.